地上型レーザースキャナーを用いた起工測量(内湖再生2)

早崎内湖でレーザースキャナを用いた起工測量を行っています。

県が行う消失した内湖の再生事業の一環工事で平成37年(2025年)完成予定とのこと。

前回は土取り場の着手前を測量。今回測量している箇所は再生する内湖の着手前測量です。

蓮や葦で荒れ果てていたため、すべて除草。地盤が見えていないところが多いためレーザーが届かない部分はTSで補足します。Trimble SX10はLSとTSの両方の機能があるため、点群測量の器械点のままTS測量を行うことができるため非常に便利です。

--関連業務--
1.再生内湖の起工測量(本ページ)
2.再生内湖の出来形測量

【地上型3次元レーザースキャナによる形状計測】NETIS登録番号 CG-080025-VE 活用促進

長浜市春早崎町

地上型レーザースキャナーを用いた起工測量(内湖再生1)

早崎内湖でレーザースキャナを用いた起工測量を行っています。

県が行う消失した内湖の再生事業の一環工事で平成37年(2025年)完成予定とのこと。

今回測量している箇所は内湖再生のための築堤等を行うための土取り場。土採取前にレーザースキャナーにより点群を取得、起工面データを作成します。竣工時にも同範囲の完成面を作成することにより採取した土量をかなり高精度で算出することができます。

荒地だったため草や根株が残っていますが、解析によりすべて取り除くことができるため、土量に影響はありません。

同工事では再生する内湖での測量も予定しています。

--関連業務--
1.採取前の起工測量(本ページ)
2.採取後の出来形測量
3.土量計算

【地上型3次元レーザースキャナによる形状計測】NETIS登録番号 KT-140022-VE 活用促進

長浜市春早崎町

地上型レーザースキャナーを用いた出来形測量(競技場3)

県立運動場でレーザースキャナを用いた出来形測量を行っています。

既設の人工芝を撤去し、国際規格へ変更するという工事の中での作業ですが、新規施工ではなく、細かな高さや勾配の規格に沿って現況を修正(補修)するという難易度の高い工事です。

今回、人工芝の完成測量となりますが、表層下にショックパッドというゴム系の層も施工しています。しかしレーザースキャナーではゴム素材の面を観測することができなかったため、TS出来形による出来形管理としていました。

レーザースキャナーによる出来形は、不陸整正完成時に取得した面データと、今回の人工芝完成面を重ねることにより、ショックパッド層及び、人工芝の厚さを管理できます。また、縦横断図の作成もできるため、規定にある勾配等の出来形管理も詳細に行うことができます。

【地上型3次元レーザースキャナによる形状計測】NETIS登録番号 CG-080025-VE 活用促進

米原市春照

張芝面積6,900m2

地上型レーザースキャナーを用いた出来形測量(競技場2)

県立運動場でレーザースキャナを用いた出来形測量を行っています。

既設の人工芝を撤去し、国際規格へ変更するという工事の中での作業ですが、新規施工ではなく、細かな高さや勾配の規格に沿って現況を修正(補修)するという難易度の高い工事です。

前回は既設人工芝を撤去し、基盤の現況を測量しました。その現況データと三次元設計データを重ねることにより整正箇所を算出し施工します。

今回は不陸整正後の出来形測量を行っています。今回の出来形測量データも重ねることによりどこをどれだけ補修したのか横断図やヒートマップで図化することができます。

【地上型3次元レーザースキャナによる形状計測】NETIS登録番号 CG-080025-VE 活用促進

米原市春照

張芝面積6,900m2

地上型レーザースキャナーを用いた起工測量(国道303号)

国道303号線でレーザースキャナを用いた起工測量を行っています。

作業に影響する既設構造物の確認を行っています。

人が近づくことができない箇所でも、位置や高さを正確に観測することができます。

【地上型3次元レーザースキャナによる形状計測】NETIS登録番号 KT-140022-VE 活用促進

長浜市木之本町音羽

地上型レーザースキャナーを用いた起工測量(競技場1)

県立運動場でレーザースキャナを用いた測量を行っています。

現況の人工芝を撤去し、国際規格へ変更するという工事の中での作業ですが、新規施工ではなく、細かな高さや勾配の規格に沿って現況を修正(補修)するという難易度の高い工事です。

だだっ広い面を眺めて、どこをどう測定して修正するのかもわからないような現況ですが、レーザースキャナを用いることにより、取得した3次元現況データと設計3次元データを重ね、mm単位での修正箇所を正確に算出することができます。

【地上型3次元レーザースキャナによる形状計測】NETIS登録番号 KT-140022-VE 活用促進

米原市春照

張芝面積6,900m2

地上型レーザースキャナーを用いた起工測量(国道365号)

国道365号線でのレーザースキャナーを用いた現況路面測量を行っています。

路肩に雪が残っていますが、施工範囲には影響がなかったため幸いでした。

雨に降られたり、融雪で路面が濡れてしまうとスキャンニングできないため、時間との勝負でした。

 

起終点がはっきりとしない場合にも余分に観測しておくことで任意の測点で図化できるため、後の協議結果にも対応できます。

この後、現況点群データを基に、縦横断図の作成、計画、三次元データ作成、情報化施工(TS出来形)を行います。

 

 

【地上型3次元レーザースキャナによる形状計測】NETIS登録番号 KT-140022-VE 活用促進

長浜市木之本町田部

舗装面積3,600m2

地上型レーザースキャナーを用いた起工測量(国道21号)

国道21号線でのレーザースキャナーを用いた現況路面測量を行っています。

特にトラックの交通量が多い道路でありますが、道路規制なしで観測しております。

使用器機Trimble SX10のバンドスキャンニング機能により数回に分けて観測を行うため、供用中の道路でも路面データの取りこぼしが殆どありません。

 

国土交通省発注の工事で、取得した現況データを基に切削オーバーレイの計画から3次元データの作成まで行い、情報化施工(TS出来形測量)を実施します。

三次元の現況データ、計画データ、出来形データはすべて電子データとして納めます。

 

 

【地上型3次元レーザースキャナによる形状計測】NETIS登録番号 KT-140022-VE 活用促進

米原市柏原

舗装面積3,000m2

地上型レーザースキャナーを用いた起工測量(国道365号)

国道365号線でのレーザースキャナーを用いた現況路面測量を行っています。

特にトラックの交通量が多い道路でありますが、道路規制なしで観測しております。

使用器機Trimble SX10のバンドスキャンニング機能により数回に分けて観測を行うため、供用中の道路でも路面データの取りこぼしが殆どありません。

大型車の交通量が多いせいか、わだちの深さがエグい部分もありましたが、正確に点群データで取得できます。

面データを作成すれば正確な切削量の算出も可能となります。

施工範囲のすべてをスキャンニングするため、人員が道路に立ち入ることなく、縦横断図の作成や、区画線の現況平面図や数量算出、計画図面の作成まですべて机上で行うことが可能です。

取得した現況データを基に切削オーバーレイの計画から3次元データの作成まで行い、情報化施工(TS出来形測量)を実施します。

 

 

【地上型3次元レーザースキャナによる形状計測】NETIS登録番号 KT-140022-VE 活用促進

長浜市小谷郡上町

舗装面積3,700m2

地上型レーザースキャナーを用いた起工測量(国道21号)

国道21号線でのレーザースキャナーを用いた現況路面測量を行っています。

特にトラックの交通量が多く、風圧もすさまじい現場でした。

使用器機Trimble SX10の特徴であるバンドスキャンニング機能により道路規制なしでも路面データの取りこぼしが殆どなく観測できます。

 

国土交通省発注の工事で、取得した現況データを基に切削オーバーレイの計画から3次元データの作成まで行い、情報化施工(TS出来形測量)を実施します。

三次元の現況データ、計画データ、出来形データはすべて電子データとして納めます。

 

 

【地上型3次元レーザースキャナによる形状計測】NETIS登録番号 KT-140022-VE 活用促進

米原市河南

舗装面積4,300m2