i-construction(ICT)

地上型レーザースキャナーを用いた出来形測量(球技場ICT活用工事)

投稿日:

希望が丘文化公園球技場でレーザースキャナーを用いた出来形測量を行っています。

天然芝を剥いで人工芝に張り替える工事ですが、全面ICT活用工事となります。路盤はマシンコントロールグレーダーを使用した施工を行い、三次元による面管理を行います。

今回観測したのは人工芝直下の舗装面(基層)です。フィニッシャーは従来の機械での施工ですが、MCグレーダーによる路盤が出来ているのできれいな舗設面で仕上がっています。路床、路盤と同じく舗設面でもヒートマップの確認検査を行います。その場で任意の箇所で観測することができます。舗装で任意の箇所で標高や厚さを確認するのは従来であればなかなか厳しい条件ですが、ICT機械による施工がされていればまったく問題ありません。出来形ヒートマップは標高較差、厚さの2種類を作成しています。

--関連業務--
1.レーザースキャナを用いた起工測量
2.路床出来形測量
3.情報化施工TS出来形
4.路盤工出来形測量
5.基層工出来形測量(本ページ)
5.人工芝舗装出来形測量

野洲市北桜

i-construction(ICT)

地上型レーザースキャナーを用いた起工測量(姉川[下流]ICT活用工事)

投稿日:

一級河川 姉川でレーザースキャナーを用いた起工測量を行っています。

姉川護岸の強化工事でICT活用工事になります。護岸張りブロック法面整形のICT出来形測量を行い、全体土量(掘削、購入土)を三次元管理します。上流側、下流側と同じような工事が発注されており、両方の工事のICT測量をさせていただくことになりました。

法面整形はMGによる施工をされます。

 

--関連業務--
1.レーザースキャナを用いた起工測量(本ページ)
2.表土すきとり後土量算出
3.法面整形出来形測量

長浜市南浜町

i-construction(ICT)

地上型レーザースキャナーを用いた起工測量(姉川[上流]ICT活用工事)

投稿日:

一級河川 姉川でレーザースキャナーを用いた起工測量を行っています。

姉川護岸の強化工事でICT活用工事になります。護岸張りブロック法面整形のICT出来形測量を行い、全体土量(掘削、購入土)を三次元管理します。上流側、下流側と同じような工事が発注されており、両方の工事のICT測量をさせていただくことになりました。

法面整形はMGによる施工をされます。勾配が1:2.0から1:1.5に変化しますが、三次元設計データによりひねりもうまく施工できると思います。

 

--関連業務--
1.レーザースキャナを用いた起工測量(本ページ)
2.表土すきとり後土量算出
3.法面整形出来形測量

長浜市川道町

i-construction(ICT)

地上型レーザースキャナーを用いた出来形測量(球技場ICT活用工事)

投稿日:

希望が丘文化公園球技場でレーザースキャナーを用いた出来形測量を行っています。

天然芝を剥いで人工芝に張り替える工事ですが、全面ICT活用工事となります。路盤はマシンコントロールグレーダーを使用した施工を行い、三次元による面管理を行います。

しっかりとした計画高、勾配が設定されており、従来であれば変化点やメッシュ状に丁張が必要で、機械も専門の熟練したオペレータが必要でした。ICT活用工事では三次元設計データを作成しTSと対応したマシンを使用することで、熟練された方でなくても丁張なしで施工することができます。いろいろありますがまったくの素人では無理です。

レーザースキャナで現地観測後、出来形ヒートマップを作成し、後日、監督員の確認を受けます。色マップの任意の位置でリアルタイムで標高差や厚さの確認ができます。観測した箇所もあとで分かり易くヒートマップ上に表示されます。監督員による確認は各層毎1回ずつ行います。

--関連業務--
1.レーザースキャナを用いた起工測量
2.路床出来形測量
3.情報化施工TS出来形
4.路盤工出来形測量(本ページ)
5.基層工出来形測量
5.人工芝舗装出来形測量

野洲市北桜

i-construction(ICT)

地上型レーザースキャナーを用いた出来形測量(木之本長浜線ICT活用工事)

投稿日:

木之本長浜線でICT舗装工時の測量をさせていただきました。起工測量からはじまり、路盤工、基層工、表層工を三次元による面管理をしました。

従来のような測点ごとの下がり検測や標高管理ではなく、全延長、1m2単位の面管理になるため高度な施工が必要となります。出来形ヒートマップを作成後監督員による検査を行います。

また、点群データを使用して出来形展開図、区画線出来形図等も作成することができます。

--関連業務-- 

1.三次元起工測量
2.三次元設計データ作成 
3.ICT建設機械による施工
4.三次元出来形管理等の施工管理(本ページ)
5.三次元データの納品

滋賀県長浜市相撲町

i-construction(ICT)

地上型レーザースキャナーを用いた起工測量(湖北長浜線)

投稿日:

湖北長浜線でレーザースキャナーを用いた切削オーバーレイ工事に係る現況路面起工測量を行っています。

交通量が非常に多く、従来の現況測量では道路使用許可を申請し規制をかけての作業になりますが、レーザースキャナーを使用することにより交通規制をかけることもなく日中に作業が行えます。

また、本現場のように交通の絶えることのない場合は、標準のレーザースキャナでは車による死角が多くなり路面データを採取するのが困難になりますが、Trimble SX10の特徴であるバンドスキャンニング機能により視通が遮られることがあっても路面データの取りこぼしが殆どなく観測できます。

このあと取得した点群データを用いて切削オーバーレイ計画、三次元設計データの作成、情報化施工による出来形測量、三次元データ納品を行います。

--関連業務--
1.レーザースキャナを用いた起工測量(本ページ)
2.情報化施工TS出来形

長浜市大浜町

i-construction(ICT)

地上型レーザースキャナーを用いた出来形測量(球技場ICT活用工事)

投稿日:

希望が丘文化公園球技場でレーザースキャナーを用いた出来形測量を行っています。

天然芝を剥いで人工芝に張り替える工事ですが、全面ICT活用工事となります。路盤はマシンコントロールグレーダーを使用した施工を行い、三次元による面管理を行います。

広い面を丁張なしで均す機械はすばらしく、精度もかなり高精度で仕上がります。三次元設計データのとおりに仕上がるため計算、作成には図面と何度もチェックを行います。また、MCマシンのセットも重要で、ここに誤差があればそのまま全体に誤差が生まれます。日々の施工でズレてくることもあるため、日常管理の欠かせません。

--関連業務--
1.レーザースキャナを用いた起工測量
2.路床出来形測量(本ページ)
3.情報化施工TS出来形
4.路盤工出来形測量
5.基層工出来形測量
5.人工芝舗装出来形測量

野洲市北桜

i-construction(ICT)

地上型レーザースキャナーを用いた起工測量(球技場ICT活用工事)

投稿日:

希望が丘文化公園球技場でレーザースキャナーを用いた起工測量を行っています。

天然芝を剥いで人工芝に張り替える工事ですが、全面ICT活用工事となります。路盤はマシンコントロールグレーダーを使用した施工を行い、三次元による面管理を行います。外周部にカラー舗装もあり、そちらは情報化施工TS出来形による管理となります。広く波打った現況面ですが点群データを取得することで、芝を除いた撤去土量も正確に算出可能です。

--関連業務--
1.レーザースキャナを用いた起工測量(本ページ)
2.路床出来形測量
3.情報化施工TS出来形
4.路盤工出来形測量
5.基層工出来形測量
5.人工芝舗装出来形測量

野洲市北桜

i-construction(ICT)

地上型レーザースキャナーを用いた出来形測量(西明寺安部居線ICT活用工事)

投稿日:

西明寺安部居線でレーザースキャナを用いた出来形測量を行っています。

新設道路のICT活用工事のため、路床から路盤工まで三次元出来形管理を行います。各層ごとにスキャナによる観測を行います。

今回測量している箇所は路床の完了後の出来形測量で、標高差の出来形ヒートマップを作成し検査を受けます。監督員による確認はTSを使用しヒートマップを参考にしながら任意の箇所を観測します。較差の範囲ごとに色で分かれており、どの箇所で観測しても色の範囲が示す数値となります。

--関連業務--
1.路床工の出来形測量(本ページ)
2.下層路盤工の出来形測量
3.上層路盤工の出来形測量

【CAD機能を搭載した土木測量支援現場端末システム (TREND-FIELD)】NETIS登録番号KK-120004-VE 活用促進

蒲生郡日野町佐久良

i-construction(ICT)

地上型レーザースキャナーを用いた起工測量(大津能登川長浜線)

投稿日:

大津能登川長浜線でレーザースキャナーを用いた切削オーバーレイ工事に係る現況路面起工測量を行っています。

交通量が非常に多く、従来の現況測量では道路使用許可を申請し規制をかけての作業になりますが、レーザースキャナーを使用することにより交通規制をかけることもなく日中に作業が行えます。

また、本現場のように交通の絶えることのない場合は、標準のレーザースキャナでは車による死角が多くなり路面データを採取するのが困難になりますが、Trimble SX10の特徴であるバンドスキャンニング機能により視通が遮られることがあっても路面データの取りこぼしが殆どなく観測できます。

このあと取得した点群データを用いて切削オーバーレイ計画、三次元設計データの作成、情報化施工による出来形測量、三次元データ納品を行います。

--関連業務--
1.レーザースキャナを用いた起工測量(本ページ)
2.情報化施工TS出来形

長浜市平方町