i-construction(ICT)ICTその他

三次元設計データ、土量計算(日野川ICT活用工事2)

一級河川 日野川にてICT活用工事の測量をさせていただいております。

ICT活用工事の建設生産プロセスは5段階になっており、今回行っている業務は第2段階の[三次元設計データ作成]となります。発注図より中心線形、計画縦横断を書き起こしTINデータなる三次元設計データを作成します。

TINデータはPCの画面上で上下左右、裏側から回転させて視ることができるため、作成ミスが起こりにくく、完成形のイメージもし易くなります。位置、高さのデータを面的に持っており、起工測量で取得した現況データと比較することにより切り盛り土量が算出されます。

本業務は、ICT建設機械による施工を行うため、データはこのあと現場に合わせてすこし工夫し、LandXMLデータとしてICT重機に引き渡します。

--関連業務-- 

1.三次元起工測量
2.三次元設計データ作成 (本ページ) 
3.ICT建設機械による施工
4.三次元出来形管理等の施工管理
5.三次元データの納品

【3次元点群処理ソフト(TREND-POINT)を用いた施工土量計測システム】NETIS登録番号KK-150058-VE 活用促進

滋賀県近江八幡市十王町