i-construction(ICT)地上型3Dレーザースキャナー

地上型レーザースキャナーを用いた起工測量(日野川ICT活用工事1)

一級河川 日野川にてレーザースキャナを用いた起工測量を行っています。

本業務はICT活用工事であり着工/施工/納品まですべてICTを活用する工事となります。

ICT活用工事の建設生産プロセスは5段階になっており、今回行っている業務は第1段階の[三次元起工測量]となります。起工測量では0.25m2/1点以上の密度で観測し、縦横断図の作成や土量計算等の設計照査を行います。

着手前の河川敷は草木が多く、点群が取得できない状態だったため、除草していただきました。また、台風が過ぎた直後で水位も高くなってしまいましたが、水中部はTSでの補足測量となります。

--関連業務-- 

1.三次元起工測量(本ページ) 
2.三次元設計データ作成 
3.ICT建設機械による施工
4.三次元出来形管理等の施工管理
5.三次元データの納品

【地上型3次元レーザースキャナによる形状計測】NETIS登録番号 KT-140022-VE 活用促進

滋賀県近江八幡市十王町