i-construction(ICT)地上型3Dレーザースキャナー

地上型レーザースキャナーを用いた起工測量(内湖再生1)

早崎内湖でレーザースキャナを用いた起工測量を行っています。

県が行う消失した内湖の再生事業の一環工事で平成37年(2025年)完成予定とのこと。

今回測量している箇所は内湖再生のための築堤等を行うための土取り場。土採取前にレーザースキャナーにより点群を取得、起工面データを作成します。竣工時にも同範囲の完成面を作成することにより採取した土量をかなり高精度で算出することができます。

荒地だったため草や根株が残っていますが、解析によりすべて取り除くことができるため、土量に影響はありません。

同工事では再生する内湖での測量も予定しています。

【地上型3次元レーザースキャナによる形状計測】NETIS登録番号 CG-080025-VE 活用促進

長浜市春早崎町

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です