i-construction(ICT)地上型3Dレーザースキャナー

地上型レーザースキャナーを用いた出来形測量(日野川ICT活用工事)

一級河川 日野川にてICT測量をさせていただいております。

本業務はICT活用工事であり着工/施工/納品まですべてICTを活用する工事となります。

ICT活用工事では出来形測量もICT測量を行う必要があります。ICT測量の種類は仕様書でいくつか指定されており選択して作業することができます。本工事は土工の工事ではありますが、護岸ブロックの施工があり、掘削の出来形もICTで行うことになっております。よって、高さ(標高)も重要となってくるため、地上型レーザースキャナによる測量を行っております。

観測したデータは標高較差によるヒートマップでの管理となります。発注者の監督員による出来形確認はヒートマップデータを現地で確認していただきます。

確認方法はタブレットに表示されたヒートマップの任意の位置を指定しトータルステーションと連携することによりその位置へ誘導することができます。リアルタイムで観測値、標高差が表示されるため検査が容易に進みます。

結果はどの位置で観測したか一目でわかるデータが出力されます。

--関連業務--
1.三次元起工測量 
2.三次元設計データ作成 
3.ICT建設機械による施工 
4.三次元出来形管理等の施工管理(本ページ)
5.三次元データの納品

【地上型3次元レーザースキャナによる形状計測】NETIS登録番号 KT-140022-VE 活用促進

【CAD機能を搭載した土木測量支援現場端末システム (TREND-FIELD)】NETIS登録番号KK-120004-VE 活用促進

滋賀県近江八幡市古川町