i-construction(ICT)地上型3Dレーザースキャナー

地上型レーザースキャナーを用いた起工測量(木之本長浜線ICT活用工事)

県道木之本長浜線にてレーザースキャナを用いた起工測量を行っています。

本業務はICT活用工事であり着工/施工/納品まですべてICTを活用する工事となります。

ICT活用工事の建設生産プロセスは5段階になっており、今回行っている業務は第1段階の[三次元起工測量]となります。起工測量では0.25m2/1点以上の密度で観測し、縦横断図の作成や設計照査を行います。

 

供用中の現道を改良する工事であり、段階的に進められているため、バリケード等の安全施設もそのまま引継がれた現場です。範囲や延長も長いため、ひとつづつ撤去することは不可能であるのですべてスキャンし、あとから不要物を除去します。

--関連業務-- 

1.三次元起工測量(本ページ) 
2.三次元設計データ作成 
3.ICT建設機械による施工
4.三次元出来形管理等の施工管理
5.三次元データの納品

【地上型3次元レーザースキャナによる形状計測】NETIS登録番号 KT-140022-VE 活用促進

滋賀県長浜市相撲町