i-construction(ICT)地上型3Dレーザースキャナー

地上型レーザースキャナーを用いた土量算出

長浜市早崎町でレーザースキャナを用いた測量を行っています。

工事で再利用する既設の集積残土量を算出する業務です。

三次元点群測量を行うことによりかなり正確な土量を算出できます。当初から集積されている場合は現況を観測し、搬出した後に再度観測し、着手前後の差で数量を求めます。本現場は集積土すべての搬出・原状地盤の変化がほとんど無いということで現況観測一回のみで数量を算出しました。

レーザースキャナによる測量を行う場合は、特に一定した形に整形する必要もありません。ただしある程度締固まっていないと実数量に誤差が生じることがあります。

長浜市早崎町