i-construction(ICT)

TS出来形測量(県道高山長浜線)

投稿日:

県道高山長浜線で情報化施工TS出来形測量を行っています。

TS等光波方式を用いた出来形管理要領(舗装工事編)に沿って計画、実施を行います。ICT舗装工事では基層・表層のTS出来形を行う場合は国土地理院に登録された1級トータルステーションが必要になります。当社はTrimble製の1級トータルステーションを所有しております。

TS出来形測量ではリアルタイムで標高較差、厚さ、幅等が確認できます。1工事1回は監督員による確認が必要となります。上写真のように検測位置により数値で確認できるため検査もスムーズに素早く完了します。

TS出来形管理を採用することにより従来行っている各層の下がり検測や、幅の写真、レベルを用いた基準高の検測等が不要となり、TSで観測後すぐに路盤材の投入や乳剤の散布を行うことができるため、人員や時間、手間を大幅に削減できます。

また、一般化推進技術となっているため原則化工事以外で活用した場合は大きな加点となります。

 

【土木施工支援システム(LANDRiV&LanDeco)】NETIS登録番号CB-100052-VE

【3次元設計データ作成システム】NETIS登録番号KK-120032-VE

長浜市高山町

 

i-construction(ICT)

地上型レーザースキャナーを用いた起工測量(日野川ICT活用工事)

投稿日:

一級河川 日野川にてICT測量をさせていただいております。

本業務はICT活用工事であり着工/施工/納品まですべてICTを活用する工事となります。

ICT活用工事の建設生産プロセスは5段階になっており、今回行っている業務は第1段階の[三次元起工測量]となります。起工測量では0.25m2/1点以上の密度で観測し、縦横断図の作成や土量計算等の設計照査を行います。

護岸ブロックの設置と20,000m3以上の掘削・搬出の工事ですべてICTによる出来形測量を行います。

--関連業務-- 

1.三次元起工測量(本ページ) 
2.三次元設計データ作成 
3.ICT建設機械による施工
4.三次元出来形管理等の施工管理
5.三次元データの納品

【地上型3次元レーザースキャナによる形状計測】NETIS登録番号 KT-140022-VE 活用促進

滋賀県近江八幡市古川町

i-construction(ICT)

三次元データによる切削量計算

投稿日:

高山長浜線にて切削オーバーレイ工事のICT測量をさせていただいております。

前工事に消雪ブロックを設置され、構造物と舗装の縦横断に大きな差があり段差や逆勾配などがあり複雑な現状路面になっております。現況をレーザースキャナーで測量したため3次元設計データを作成することでより正確な数量を算出することができます。

今回はプリズモイダル法による算出を行っており、青い部分が切削、赤い部分がレベリングという具合です。

--関連業務-- 

1.三次元起工測量
2.切削数量計算(本ページ)
3.情報化施工TS出来形


【3次元点群処理ソフト(TREND-POINT)を用いた施工土量計測システム 】NETIS登録番号KK-150058-VE 活用促進

滋賀県長浜市高山町

i-construction(ICT)

地上型レーザースキャナーを用いた起工測量(木之本長浜線ICT活用工事)

投稿日:

県道木之本長浜線にてレーザースキャナを用いた起工測量を行っています。

本業務はICT活用工事であり着工/施工/納品まですべてICTを活用する工事となります。

ICT活用工事の建設生産プロセスは5段階になっており、今回行っている業務は第1段階の[三次元起工測量]となります。起工測量では0.25m2/1点以上の密度で観測し、縦横断図の作成や設計照査を行います。

 

供用中の現道を改良する工事であり、段階的に進められているため、バリケード等の安全施設もそのまま引継がれた現場です。範囲や延長も長いため、ひとつづつ撤去することは不可能であるのですべてスキャンし、あとから不要物を除去します。

--関連業務-- 

1.三次元起工測量(本ページ) 
2.三次元設計データ作成 
3.ICT建設機械による施工
4.三次元出来形管理等の施工管理
5.三次元データの納品

【地上型3次元レーザースキャナによる形状計測】NETIS登録番号 KT-140022-VE 活用促進

滋賀県長浜市相撲町

i-construction(ICT)

地上型レーザースキャナーを用いた土量計算(内湖再生1)

投稿日:

早崎内湖でレーザースキャナを用いた出来形測量(土量)を行っています。

県が行う消失した内湖の再生事業の一環工事で平成37年(2025年)完成予定とのこと。

内湖再生のための土砂数量を把握するため、レーザースキャナーにより採取前の起工測量と採取後の出来形測量を行いました。

本工事では数か所からの土砂の移動・内湖の切盛があるため、すべて三次元土量管理を行っています。

--関連業務--
1.採取前の起工測量
2.採取後の出来形測量
3.土量計算(本ページ)

【地上型3次元レーザースキャナによる形状計測】NETIS登録番号 KT-140022-VE 活用促進

長浜市春早崎町

i-construction(ICT)

地上型レーザースキャナーを用いた土量算出

投稿日:

長浜市早崎町でレーザースキャナを用いた測量を行っています。

工事で再利用する既設の集積残土量を算出する業務です。

三次元点群測量を行うことによりかなり正確な土量を算出できます。当初から集積されている場合は現況を観測し、搬出した後に再度観測し、着手前後の差で数量を求めます。本現場は集積土すべての搬出・原状地盤の変化がほとんど無いということで現況観測一回のみで数量を算出しました。

レーザースキャナによる測量を行う場合は、特に一定した形に整形する必要もありません。ただしある程度締固まっていないと実数量に誤差が生じることがあります。

長浜市早崎町

i-construction(ICT)

地上型レーザースキャナーを用いた出来形測量(内湖再生1)

投稿日:

早崎内湖でレーザースキャナを用いた出来形測量を行っています。

県が行う消失した内湖の再生事業の一環工事で平成37年(2025年)完成予定とのこと。

今回測量している箇所は内湖再生のための築堤等を行うための土取り場。土採取前にレーザースキャナーにより点群を取得する起工測量を行っています。

本工事では数か所からの土砂の移動・内湖の切盛があるため、すべて三次元土量管理を行っています。

レーザースキャナ測量は水があると正確な観測が不可能なため、必要に応じてTS等で補足します。使用しているTrimble SX-10は1級トータルステーション機能も備わっているため、スキャニング後そのまま座標観測やトラバーの設置等が行えます。

--関連業務--
1.採取前の起工測量
2.採取後の出来形測量(本ページ)
3.土量計算

【地上型3次元レーザースキャナによる形状計測】NETIS登録番号 KT-140022-VE 活用促進

長浜市春早崎町

i-construction(ICT)

地上型レーザースキャナーを用いた起工測量(高山長浜線)

投稿日:

県道高山長浜線でレーザースキャナを用いた起工測量を行っています。

切削オーバーレイによる維持補修工事で延長約1.4kmの現道を測量します。幅員が狭い箇所が多いですが生活道となっており日中は車が通行します。使用しているスキャナTrimble SX-10はバンドスキャンという方法により車などの障害物で遮られてもしっかり路面をスキャン可能です。

本現道は構造物と舗装の段差や歪みが激しく、レベリングが必要な箇所も多々あります。平均断面法では正確な数量算出が困難ですが、点群による現況三次元データがあれば設計データとの比較により正確な数量の算出が可能となります。

--関連業務--
1.三次元起工測量(本ページ) 
2.切削数量計算
3.情報化施工TS出来形

【地上型3次元レーザースキャナによる形状計測】NETIS登録番号KT-140022-VE 活用促進

長浜市高山町

i-construction(ICT)

三次元出来形管理(日野川ICT活用工事)

投稿日:

一級河川 日野川にてICT活用工事の測量をさせていただいております。

ICT活用工事の建設生産プロセスは5段階になっており、今回行っている業務は第4段階の[三次元出来形管理等の施工管理]となります。ICT建設機械による掘削が完了したところを地上型レーザースキャナを用いて出来形測量を行いました。出来形測量では100点/m2以上の密度で観測します。

データを持ち帰り出来形ヒートマップを作成します。当社では監督職員立会によるヒートマップの確認測量を行っています。合格したヒートマップデータを出力し、トータルステーションを使用した確認測量を行います。

現地で監督員にヒートマップをランダムで選択していただき、追尾式TSによる誘導を行います。位置、高さがヒートマップと合っているかリアルタイムで確認可能です。移動している状況もタブレットに表示されるため、ヒートマップ上を歩いているような感覚で分かり易い確認方法であります。

--関連業務-- 

1.三次元起工測量
2.三次元設計データ作成
3.ICT建設機械による施工
4.三次元出来形管理等の施工管理(本ページ)
5.三次元データの納品

【CAD機能を搭載した土木測量支援現場端末システム (TREND-FIELD)】NETIS登録番号KK-120004-VE 活用促進

滋賀県近江八幡市十王町

i-construction(ICT)

ICT建設機械による施工(日野川ICT活用工事)

投稿日:

一級河川 日野川にてICT活用工事の測量をさせていただいております。

ICT活用工事の建設生産プロセスは5段階になっており、今回行っている業務は第3段階の[ICT建設機械による施工]となります。当社は施工やオペレータの配置はいたしません。ICT建設機械に転送する三次元データ(LandXML等)の作成や、器械の設置(TSの場合)を行います。

本工事ではICT建設機械にGNSSによるマシンガイダンスシステム搭載バックホウを使用されています。熟練されたオペレーターの方でも慣れは必要だとおっしゃっておられました。しかしやはり丁張なくして勾配、曲線を切っていく様は技術の進歩と言わざるを得ません。

--関連業務-- 

1.三次元起工測量
2.三次元設計データ作成
3.ICT建設機械による施工(本ページ)
4.三次元出来形管理等の施工管理
5.三次元データの納品

【バックホウ3Dマシンガイダンスシステム】NETIS登録番号HR-140026-VE 活用促進

滋賀県近江八幡市十王町