i-construction(ICT)地上型3Dレーザースキャナー

地上型レーザースキャナーを用いた出来形測量(西明寺安部居線ICT活用工事)

西明寺安部居線でレーザースキャナを用いた出来形測量を行っています。

新設道路のICT活用工事のため、路床から路盤工まで三次元出来形管理を行います。各層ごとにスキャナによる観測を行います。

今回測量している箇所は路床の完了後の出来形測量で、標高差の出来形ヒートマップを作成し検査を受けます。監督員による確認はTSを使用しヒートマップを参考にしながら任意の箇所を観測します。較差の範囲ごとに色で分かれており、どの箇所で観測しても色の範囲が示す数値となります。

--関連業務--
1.路床工の出来形測量(本ページ)
2.下層路盤工の出来形測量
3.上層路盤工の出来形測量

【CAD機能を搭載した土木測量支援現場端末システム (TREND-FIELD)】NETIS登録番号KK-120004-VE 活用促進

蒲生郡日野町佐久良