i-construction(ICT)TS出来形測量

TS出来形測量(国道303号線)

国道303号線道路維持補修工事で、TS出来形測量を行っています。

設定したすべての管理断面で切削完了後、基層完了後、表層完了後に測量します。

 

縦断勾配が急な道路ですが、座標管理のためTSがピンポイントの位置へ誘導してくれます。

従来のスチールテープとレベルによる観測は一切行わず、TSのみで完結します。

TS出来形測量を実施した場合、従来の不可視部になる「下がり検測」や、出来形幅員等の写真を撮影する必要がないため、非常に施工がスムーズに進行します。

 

土木施工支援システム(LANDRiV&LanDeco) NETIS登録番号 CB-10052-VE 活用促進

3次元設計データ作成システム 登録番号 KK-120032-VE 活用促進

長浜市西浅井町

施工延長800m

舗装面積4,200m2