i-construction(ICT)地上型3Dレーザースキャナー

地上型レーザースキャナーを用いた起工測量(残土処分地1)

長浜市中央公園の造成工事でレーザースキャナを用いた起工測量を行っています。

残土が多く発生するため、工区外へ搬出します。集積箇所は別の工事現場ですが、きれいに整形されており、従来の平均断面法や3点法での計測も容易ですが、最終形態が予測し辛いためスキャンニングしてしまいます。点群データがあれば三次元による土量の算出のほか、縦横断も自由に作成できるため従来の算出方法も可能です。

また、三点法や平均断面法での算出の場合は、ある程度一定の形(台形が理想)に整形する必要がありますが、点群による三次元計算の場合はどんな状態でも観測、算出が可能です。

【地上型3次元レーザースキャナによる形状計測】NETIS登録番号 CG-080025-VE 活用促進

長浜市宮司町~長浜市木尾町

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です