i-construction(ICT)地上型3Dレーザースキャナー

地上型レーザースキャナーを用いた起工測量(内湖再生3)

早崎内湖でレーザースキャナを用いた起工測量を行っています。

県が行う消失した内湖の再生事業の一環工事で平成37年(2025年)完成予定とのこと。

今回測量している箇所は築堤を行う箇所の着手前測量です。

購入土による盛土の設計となっており、定番は、20~50mの間隔で横断測量を行い平均断面法による土量の算出です。レーザースキャナを用いた計測の場合は、着手前と盛土後の点群データを取得し、重ねることにより面での数量算出となります。メッシュ法やプリズモイダル法などがあり、現場に合わせて使い分けます。

--関連業務--
1.土取り場の起工測量
2.再生内湖の起工測量
3.築堤部の起工測量(本ページ)

【地上型3次元レーザースキャナによる形状計測】NETIS登録番号 CG-080025-VE 活用促進

長浜市春早崎町