地上型レーザースキャナー

レーザースキャナ測量

Laser scanner surveying

p9

国土交通省では、平成28年度から、ICT活用工事を全面的に実施しています。

弊社も平成28年度よりTSを用いた出来形情報化施工、平成29年度よりレーザースキャナーを用いた起工測量等を行っています。

国土交通省、県、市町村工事の実績があり、規定に沿った計画~納品まで責任を持った確かな業務を行います。

レーザースキャナの利点
(起工測量)

Advantages of laser scanner

起工測量にレーザースキャナを用いることにより多くの利点があります。

・車道へ入ることがないため安全度が高い

・交通規制や、誘導員が不要で工期やコストの削減。

・工区すべてを観測すれば、再測の必要がなくなる。

・着手後でも以前の原状データを正確に知ることができる。

・いつでも任意の断面で図面を作成できる。

・着手前と施工後(中)のボリュームを正確に算出できる。

工事成績評点が加点される可能性がある

 

i-Constructionの推進を強力にサポート

ICT工事のすべての工程に必要不可欠な測量業務。

ITCにかかる確かな知識と経験を持った測量士が現場でお客様のニーズにお応えします。

レーザースキャナ出来形測量

Surveying when the laser scanner is completed

レーザースキャナを使用した出来形測量では工事範囲全域を3次元でスキャンニングします。出来形評価は1m2に1点程度(実際はもっと取得します)のデータでヒートマップにより管理します。

主に法線の位置や標高を管理しますが、着手前や、段階的なデータ(不可視部)を取得しておけば厚さの管理も行えます。

工種によりTS出来形と組み合わせた出来形管理も行います。

工種別に管理方法の細かなルールがありますが、ポイント的にオリジナルな観測もでき、企業努力として提案することにより成績評価において有利な面もあるかと思います。