i-constructionへの取組み

国土交通省は、ICTの活用を導入することによって、生産性向上を図り、もって魅力ある建設現場を目指す取り組みであるi-Construction(アイ・コンストラクション)を急速に進めています。

当社では以下のi-Constructionに係る測量設計に取り組んでいます。
NETIS登録されている新技術を取り入れることにより、技術提案での有利性、工事評価点アップ、企業のブランド力向上につながります。

貴社の未来を拓くお手伝いをさせていただきます。

地上型3Dレーザースキャナーを用いた測量
レーザースキャナーは様々な用途に使用できます。
  測量種別 観測内容 成果物
公共土木工事 起工測量 現況縦横断等 設計照査、数量計算書、縦横断面図等
  出来高測量 現況縦横断等 数量計算、出来高報告
  出来形測量 土量、平積、高さ、厚さ等 出来形成果表、管理図表、ヒストグラム、ヒートマップ、展開図、完成図等
舗装維持修繕工事 起工測量 現況路面縦横断等 道路設計、切削量算出、縦横断面図等
  出来形測量 平積、基準高、各層厚さ 出来形成果表、管理図表、ヒストグラム、ヒートマップ、展開図、完成図等
上記以外に、残土処分地の着手前と集積後に観測することにより正確な土量を算出するなどの利用もできます。
当社が実施するNETIS登録された技術はこちらです
自動追尾型TSを用いた測量
 
最新CAD、測量計算ソフトを用いた三次元設計データの作成
 
マシンコントロール(MC)を用いた施工にかかる測量・設計